会社の利益は信用、信用が金を生む

山口は転職をせず、元いた会社の鶏肉専門商社「鳥満」に戻ることに。

井野真々子は、山口を転職させることができず、会社の利益を損なったことをカリスマ転職代理人・海老沢康生に詫びる。

すると、海老沢が「会社の利益って何?」と質問。

井野真々子が「それは・・・売上を伸ばして、経費を削減して・・・」と答えると、「全然違う」と海老沢。

そして、海老沢が会社の利益について、次のように説明する。

(1)会社の利益は「信用」

(2)「信用」なんて金にならないと思いがちだけど、まず「信用」を得る。これは商売の鉄則。

(3)利益だけが目的だったら、無理をして、いずれ破綻する。

(4)人に信用されること。それが、結果的に金を生む。だから「信用」が大事。


【管理人の感想】
これは、会社の利益だけでなく、起業する時にも当てはまることですね。

起業しなくても、「信用」を重要視することは個人として社会の中で生きていく上で大切な視点だと思います。

信用がないと、友達も恋人もできませんし、仕事も与えられません。

転職を成功させるにしても、相手が自分に信用を感じてくれないと、良い評価はもらえません。

© 2019~ エンゼルバンク転職代理人から学ぶ転職と人生の成功 all rights reserved.